関東ミナセル株式会社

気泡緩衝材・
高発泡ポリエチレン製造・加工
包装のことなら私たちにお任せください COME IN USEFUL

関東ミナセルとは

関東ミナセルは酒井化学工業(株)の製造部門として、1988年から事業を行っております。
気泡緩衝材「ミナパック®」の生産を開始してから、新アイテム「エアーキャップ®」の製造販売も取り込み、酒井化学グループの強力な販売アイテムとなりました。
用途は他素材とのラミネート「ラミパック®」により無限に拡大し、一般包装資材・日用雑貨から建築資材まで幅広く活躍しています。
ゴミ問題やCO2削減など環境に配慮した商品開発も積極的に取り組んでいます。
その他、発泡ポリエチレンシート「ミナフォーム®」、「エサノン®」の製造及び二次加工も行っております。

主な製造商品

ミナパック®
エアーキャップ®

Title

ポリエチレンフィルムで成形された気泡緩衝材です。クッション性に優れ、梱包用、保護材、緩衝材として幅広く利用されています。軽量かつ透明度の高い緩衝材です。


ラミパック®

Title

気泡緩衝材「ミナパック®」の下地に各種素材を熱溶着したラミネート品です。ミナパック®の持つ多くの特徴と、各ラミネート素材の特徴を兼ね備えています。

包むを化学する-。

私たちは包装資材を中心とする多様な合成樹脂(プラスチック)製品を製造しています。
さまざまな産業の多様なニーズをスピーディにカタチにするため、開発部門から生産現場までが連動し、フレキシブルに対応しています。
私たち、酒井化学グループはこれからも合成樹脂製品の供給を通じて、地域社会との共存共栄をはかっていきます。
真のお客様第一主義をめざして、酒井化学グループをより良く変身させていくことこそ、私たちの使命であると信じ、全社員一丸となって頑張っていきたいと思います。

会社概要

社名 関東ミナセル株式会社
設立 1987年6月
所在地 〒327-0324
栃木県佐野市山形町1239-3
TEL:0283-65-1116
FAX:0283-65-1667
代表者 代表取締役社長 酒井 清章
資本金 3000万円
事業内容 発泡ポリエチレン(ミナフォーム・エサノン)、気泡緩衝材(ミナパック・エアーキャップ) の製造及び二次加工
グループ会社本社 酒井化学工業株式会社
http://www.sakai-grp.com/

グループ組織体系

Title

グループ・ネットワーク

必要な製品をタイムリーに近くの生産拠点から直送します。

製品の出荷・物流面でも、私たちはフレキシブルな対応を徹底しています。
全国5ヵ所に生産拠点を配置。納品先に一番近い工場から、
製品をスピーディに直送することができるのです。
輸送距離が短いため、物流コストの削減にもつながっています。

Title

アクセスマップicon大きな地図で見る



〒327-0324 栃木県佐野市山形町1239-3
TEL:0283-65-1116 FAX:0283-65-1667

Copyright © 2016 kanto Minacel Co.,Ltd. All Rights Reserved.

現在のスクロール位置:
showAdjustValueY値: